【クロスリンク】TOKENLINKをスマートフォンから利用する方法まとめ。IOSTアカウントの作成方法から

今回は、クロスリンク内のアイテムを売買できる「TOKENLINK」をスマートフォンのみで利用する方法をまとめました。

パソコンから「TOKENLINK」を利用する方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

【クロスリンク】アイテムを売買する方法。IOSTアカウント・ウォレットの作り方から

アプリ内でIOSTアカウントを作成

クロスリンクアプリ内のメニューから「トークンメニュー」を選択し、「アカウント登録」をタップします。

 
 

「IOSTアカウントを作成する」→「アカウント作成」の順番でタップします。

注意事項が表示されるので、良く確認しておきましょう。

 
 

「IOSTアカウント名」と「IOSTアカウント秘密鍵」が表示されるので、両方のバックアップを取ります。

画面のキャプチャを保存する、コピーしてスマホのメモ帳に保存する、紙のメモに書いて保存するなど、必ずバックアップを取りましょう。

「秘密鍵の表示を削除」をタップするとアプリ内から「IOSTアカウント秘密鍵」を確認する方法はなくなるので、その前に必ずバックアップを取っておきましょう。 

アプリを再起動し「トークンメニュー」開き、先ほど作成したIOSTアカウント名が表示されていれば完了です。

次に、スマホアプリ「TokenPocket」にIOSTアカウントをインポートします。

TokenPocketにIOSTアカウントをインポート

TokenPocket

TokenPocket
開発元:TOKENPOCKET FOUNDATION LTD.
無料
posted withアプリーチ

スマートフォンにアプリ「TokenPocket」をインストールします。

 
 

TokenPocketを起動し、「私は財布を持っている」をタップし、IOSTを選択します。

 

「秘密鍵のインポート」を選択するのですが、先に進めずトップ画面に戻ってしまうエラーが出る可能性が高いです。

そこで言語を日本語から英語に変更すると上手くいきます。

 
 

右下にある「私」を選択し、「システム設定」→「言語」→「English」の順でタップし保存します。

表示言語が英語になりますが、先ほどと同じように進めてください。

 
 

「PriVate Key」入力画面でクロスリンクアプリで作成したIOSTアカウントの秘密鍵を入力します。

手動入力だと間違えやすいので、コピー&貼り付けがおすすめです。

パスワードはTokenPocket用に新しく設定します。

「Import Wallet」をタップし完了です。

左上に作成したIOSTアカウント名が表示されていればOKです。

表示言語が英語になっているはずなので、先ほどと同じ手順で日本語に戻しましょう。

 
 

下部メニューから「発見する」をタップし「DAppブラウザ」を選択します。

 
 

検索窓に「https://www.tokenlink.io/」を入力します。

これでTokenPocketからTOKENLINKにアクセスできるようになりました。 

TokenPocketの登録方法を作成するときに以下のサイトを参考にさせて頂きました。

参考 IOSTアカウントをスマホアプリにインポートする方法はにかむの暗号資産情報局 参考 【iOS】TokenPocket Proの使い方JIOSTA

TOKENLINKのアカウント設定

 
 

右上の三本バーを開き、「アカウント」→「Setteings」の順番でタップします。

 
 

「メールアドレス」と「プレイヤーID」を入力します。

プレイヤーIDはクロスリンクアプリ内の「#その他→#プレイヤー情報」で確認できます。(先頭の0は省略されます)

初期設定だと言語が英語になっているので、日本語に変更しておきましょう。 

 
 

パスワードを求められるので、TokenPocketで設定したパスワードを入力します。

これでTOKENLINKの初期設定は完了です。

アイテムを出品する方法

「#その他→#トークンメニュー」を開きます。

「#アイテムトークンメニュー」を開き「トークン化」を選択します。

TOKEN LINKに送りたいアイテムを選び、コンバートパスを使いトークン化します。

コンバートパスとは?
コンバートパス1枚で装備アイテム1個をトークン化できます。

コンバートパスはショップで購入できます。

トークン化するとTOKEN LINKにアイテムが送られ販売できるようになります。

 
 

送られたアイテムはTOKEN LINKの「アカウント→所持アイテム」で確認できます。

装備アイテムをクリックすると「出品する」と「エクスポート」を選択できます。

エクスポートはアイテムをクロスリンクアプリに送るときに使う機能です。

販売したい場合は「出品する」をクリックします。

販売開始したアイテムは、出品を取り下げて価格を変更することもできるので、気軽に出してみましょう。

所持アイテムをアプリに送る

購入したアイテムや所持アイテムは、クロスリンクアプリに送ることができます。

まずは、TOKEN LINKを開きアカウントの所持アイテムページを表示します。

アプリに送りたいアイテムを選び「エクスポート」をクリックします。

TOKEN LINKでアカウント設定しているプレイヤーIDに送られるので間違えないように注意しましょう。

アイテムはプレゼントボックスに送られてきます。

状況によって遅くなる可能性もあるので余裕をもって送ると良いですね。 

TokenPocketのIOSTを仮想通貨取引所に送る

コインチェック

TokenPocketに貯まったIOSTは、仮想通貨取引所に送ることによって日本円と換金できます。

国内の仮想通貨取引所でIOSTを扱っているのは「コインチェック」のみです。(2021年4月1日時点)

まだの方は、コインチェックの口座開設をしておくと便利です。

今回はコインチェックにIOSTを送る方法をまとめます。

アイテムが売れると、販売金額のIOSTがTokenPocketのウォレットに保管されます。

「転送」→「直接転送」をタップし送金画面を開きます。

送金先のアドレスとメモが必要なので、コインチェックにブラウザでログインします。

左側のメニューから「コイン受取」を選択します。

IOSTをクリックし、「アドレスを作成」します。

アドレスとメモをコピーしてTokenPocketの送金画面で入力します。(必ずアドレスとメモの両方を入力してください。)

 
 

入力ミスがないか確認して完了です。

今回は3分ほどで届きましたが、込み具合によって遅れることもあるので余裕をもって送金しましょう。

初めて送金する場合は、少量のIOSTで試してみることをおすすめします。 

まとめ

TOKEN LINKを使えるようなるまで、ハードルが高く感じますが1つ1つ乗り越えてみてください。

今回まとめた方法は、最初から最後までスマートフォンのみで完結できるのでパソコンを持っていない方は試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。