【Sorare:MLB攻略】始め方と遊び方まとめ。トーナメントのスコアやカードレベルなど

今回はSorareのMLB版がリリースされたので、始め方と遊び方をまとめました。

実際のMLB選手のカードを集め、7人のチームを作りトーナメントに参加します。

会員登録すると最初にコモンカードがもらえるので、初期費用なしで始められます。

慣れていったらカード購入にもチャレンジしてみてください。

Sorare:MLB 会員登録の流れ 

Sorareリンク
https://sorare.com/

SorareにはサッカーのFOOTBALLと野球のMLBがありますが、今回はMLBの方のPLAY NOWをクリックして会員登録します。

会員登録に必要な情報はメールアドレス・ニックネーム・パスワードの3つだけなので、すぐにゲームに進むことができますよ。

会員登録が完了すると、コモンカードがランダムに5枚表示されます。(カードのレアリティの詳細については後で説明します)

表示された5枚からお気に入りの1枚を選んでもらえるのですが、ページを更新するとカードが入れ替わるので、お気に入りの選手が出るまで粘った方が良いですね。

コモンカードは1番レアリティの低いカードでマーケットプレイスで売買できませんが、トーナメントでは使うことができるのでできるだけ良い選手をゲットしたいです。

私は大谷選手が出るまで更新しましたが、5回ぐらいで出てきました。

大谷選手は平均スコアが高く試合に出場する可能性が高いので、おすすめカードです。

最初にもらう1枚が決まると、さらに12枚のコモンカードがもらえます。

リーグ参加に必要なカードは7枚なので、すぐにチームを組んで報酬を狙うことができます。

カードのレアリティ

Sorare:MLB カードのレアリティ 発行枚数上限 カードの色
Common 無制限 グレー
Limited 5,000 イエロー
Rare 1,000 レッド
Super Rare 100 ブルー
Unique 1 ブラック

カードのレアリティは5段階あり、マーケットプレイスで売買できるのはLimited以上のカードです。

コモンカードのみでもトーナメントに参加でき、上位入賞するとLimitedカードがもらえ、売却すれば収益が発生します。

レアリティが高いカードを所持していると、参加できるトーナメントのランクも上がり報酬も豪華になります。

コモンカードからコツコツ進めるのか、マーケットプレイスで高レアリティのカードを購入して高ランクのトーナメントに参加するのかはプレイヤー次第です。

次に実際にチームを組んでトーナメントに参加してみましょう。

トーナメント参加方法とチームの組み方 

メニューからPlayを選択するとトーナメントが表示されます。

Sorare:MLBは2022年7月にスタートしたばかりなので、まだCommon All Starのみしか開催さいていませんね。

8月から高ランクのトーナメントが解放される予定です。

まずはCommon All Starで練習しておきましょう。

チームの組み方

ポジション セットできるカード
Starting Pitcher 先発投手
Relief Pitcher 中継ぎ投手
Corner Infielder ファースト、サード、DH
Middle Infielde セカンド、ショート、
Outfielder 外野手
Extra Hitter 好きな打者
Flex 好きなカード(打者、投手)

カードはゲームウィークごとに1回しか使用できません。また、カードが2枚ある場合でも同じラインナップで1回しか使用できません。

ゲームウィーク毎の選手の活躍によってチームのスコアが決まります。

平均スコアが高い選手をチームに入れても試合に出場しなければ加算スコアは0なので注意ですね。

黒丸の数値は平均スコアで、+5%がシーズンボーナスです。

シーズンボーナスはカードの発行年数と実際のリーグが一致しているともらえるボーナスです。

2022年版の大谷選手のカードは2023年も使うことができますが、+5%のシーズンボーナスは無くなってしまいます。

チームを組むときに大事なポイントはトーナメントのゲームウィーク期間中(3日間)に試合出場の可能性が高い選手を入れることです。

例えば平均スコアが高い大谷選手でも試合出場が無ければスコアは0です。

逆に平均スコアが低い選手でも活躍すれば、高スコア稼いでくれます。

カードを売買するときは、これから活躍が予想される選手を安く買っておくという戦略も大事になってきます。

トーナメントスコア計算方法

打者 ポイント
Run (R):得点 3
Run Batted In (RBI):打点 3
Single (1B):シングル 2
Double (2B):ツーベース 5
Triple (3B):スリーベース 8
Home Run (HR):ホームラン 10
Walk (BB):四球 2
Strikeout (K):三振 -1
Stolen Base (SB):盗塁 5
Hit By Pitch (HBP):死球
2
投手 ポイント
Inning Pitched (IP):投球回ごと 3
Strikeout (K):奪三振 2
Hit Allowed (H):被安打 -0.5
Earned Run (ER):自責点 -2
Walk (BB):四球 -1
Hit BatMLBsmen (HBP):死球 -1
Win (W):勝利 5
Save (S):セーブ 10
Hold (HLD):ホールド 5

MLBでは2022年から両リーグでDH制を導入しており、投手は基本的に打席に立つことはありません。

つまり投手がスコアを獲得する機会は、投手としての活躍のみに限ります。

しかし大谷選手が先発投手として試合に出るときはDHを解除して打席に立つので、打者+投手の両方でスコア加算が期待できます。

これは大きなメリットなので、大谷選手のカードはかなりの高値がつきそうですね。

打者の場合はスタメンで出場が予想される選手を、投手の場合は先発スケジュールを予想してセットすると高スコアが狙えそうです。

カードのレベルとボーナス 

カードはトーナメントで使用する度にXP(経験値)が貯まり、最大+20レベルまで成長させることができます。

もらえる経験値の計算方法は以下の通りです。

XP計算方法

XP=(ベースXP+プレーヤースコアXP)

ベースXP:1トーナメント参加ごとに75XP

プレーヤースコアXP:プレーヤーカードが使用されたチームの合計スコアに0.125を掛けたもの

XPが貯まるとカードのレベルが上がり、レベルが1上がるごとに0.5%ボーナスが付与されます。

またカードのレアリティによって初期レベルが決まっていて、最初からボーナスが付与されている場合があります。

レアリティ 初期レベル~最高レベル 初期ボーナス~最高ボーナス
Common レベル0~レベル20 +0%~+10%
Limited レベル0~レベル20 +0%~+10%
Rare レベル20~レベル40 +10%~+20%
Super Rare レベル40~レベル60 +20%~+30%
Unique レベル80~レベル100 +40%~+50%

カードのレベルは序盤は上がりやすく、後半は上がりにくく設定されています。

最高レベルまで育てるには2~3シーズンほどの時間が必要になります。

以下がレベルアップに必要なXPの計算表です。

Level 必要なXP
1 100
2 200
3 400
4 600
5 900
6 1300
7 1800
8 2400
9 3100
10 3900
11 4900
12 6000
13 7300
14 8800
15 10600
16 12600
17 15000
18 17700
19 20900
20 24500

カードを育ててボーナス付与を狙いたいところですが、2022年のカードは2023年になるとシーズンボーナス+5%を失ってしまうので、じっくり育成か新シーズンのカードを使うかで迷いそうですね。

カード購入方法 

Sorare:MLBでカードを購入する方法は2つあります。

  1. New Card Auctions:カードオークション
  2. Manager sales:マネージャーセールス

カードオークションはSorare運営が出品する新しく作成されたカードが販売されます。

つまりそのカードの最初の所有者になります。

オークションにはカード毎に終了時刻が設定されており、終了時に最高入札者である場合にそのカードを獲得します。

マネージャーセールスでは、ユーザーが出品しているカードを固定価格で購入することができます。

カードを即座に購入できるので、時間をかけたくない人におすすめです。

まとめ 

Sorare:MLBは実際の試合結果とリンクしているので、情報収集が大切になってきます。

まずはスタメンで出場することが多い選手を集めてチームを組むことを目標にしてみてください。

またSorare:MLBは2022年7月にスタートしたばかりなので、まずは費用をかけずに始めて理解が進んだら高レアリティのカード購入も検討してみるのが良さそうですね。

野球好きの人は、日本人選手を応援しながらゲームも楽しめるのでおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。