【NFT】Sorare(ソラーレ)の始め方。カードの売買方法も

今回は、ブロックチェーンゲームのSorare(ソラーレ)の始め方をまとめました。

実際に存在するサッカー選手やクラブチームが登場し、NFTとして収集・取引ができるゲームです。

現実の試合結果や選手の活躍によってスコアが変動し、ランキングを競い合います。

会員登録するとコモンカードがもらえるので、初期費用をかけずに始められます。

Jリーグにも対応しているので日本人選手を集めることもできますよ。

Sorare(ソラーレ)登録の流れ 

STEP.1
会員登録
メールアドレス/Googleアカウント/Facebookアカウントから選択
STEP.2
チュートリアル
チュートリアルを進めながら、ゲームの遊び方を確認します。チュートリアルを完了するごとに、ランダムなコモンカードがもらえます。
STEP.3
実際に遊ぶ
オリジナルのチームを作り、リーグに参加してみてましょう。選手カードの売買も可能です。

2022年6月15日時点でSorare(ソラーレ)は、日本語に対応していません。

英語だと少しハードルが高く感じますが、ルールを覚えれば問題なく遊べるはず。

右上の「Sign up」をクリックし、会員登録を進めます。

会員登録方法

①メールアドレスで登録

②Googleアカウントで登録

③Facebookアカウントで登録

会員登録時はウォレットなどは必要ないので、気楽に始められますね。 

チーム設定

次に自分のクラブ名やアイコンを設定し、お気に入りのチームを1つ選びます。

世界中のクラブから選択できるのでサッカーに詳しい方は好きなチームを選択しましょう。

サッカーに詳しくない方は、日本のJ1からチームを選択してみるのもおすすめです。

実際のサッカーの試合結果によって、スコアが変わるので日本だと情報収集しやすいメリットがあります。

今回は、鹿島アントラーズを選択してみました。

ランダムなカードを入手 

ここまでチュートリアルを進めるとランダムに4枚のカードがもらえます。

お気に入りのチーム設定によって、もらえるカード傾向も変わってくるので海外の選手が欲しい場合は、チームも海外を選びましょう。

ちなみにチュートリアルでもらえるカードは、すべてコモンです。

カードのレアリティ
コモン(Common) 発行枚数:上限なし
リミテッド(Limited) 発行枚数:1000
レア(Rare) 発行枚数:100
スーパーレア(Super Rare) 発行枚数:10
ユニーク(Unique) 発行枚数:1

コモンカードはNFTではないので、売買できません。

コモンカードでチームを組み、遊ぶことはできるのでチュートリアル用というイメージですね。

リーグに参加 

チュートリアルを進めると、さらに5枚のカードがもらえるのでカジュアルリーグに参加してみましょう。

チームの作り方

GK(ゴールキーパー)、DEF(ディフェンダー)、MID(ミッドフィルダー)、FW(フォワード)、Extra(エクストラ)の5つのポジションに1枚ずつ選手をセット。

Extraは、GK(ゴールキーパー)以外から好きな選手をセットできる特別な枠。

実際の試合に基づいてスコアが決まるので、活躍しそうな選手を優先してセットする。

選手の横にある数字は直近5試合の平均スコアなので、高いほど活躍してくれる可能性が高いです。

どの選手をセットするか迷ったときは平均スコアが高いカードを選びましょう。

次節の対戦チームも表示されるので、しっかり確認しておきましょう。

選手の所属チームによっては試合がない場合もあり、スコアを稼げない可能性があります。

チームを作るときは、試合がある選手をセットしましょう。 

最後にセットした5選手の中からキャプテンを選択します。

キャプテンは獲得スコアがアップするので、1番活躍しそうな選手を選ぶと良いですね。

右下の「Confirm」をクリックしてリーグ参加完了です!

あとは実際のサッカーの試合が行われるのを待ち、5選手の活躍した度合いによってチームのスコアが決まります。

コモンカードだけで参加できるカジュアルリーグは、上位入賞でリミテッド(Limited)カードがもらえます。

上位リーグになるほど報酬カードのレアリティが上がり、賞金ももらえます。

スコアの計算方法は、少し複雑なのでSorare公式ブログを参考にしてみてください。

簡単に説明するとゴールを決めたらスコアが加算され、ファウルをしたら減算されるような感じです。

ポジションによってもスコアの計算方法が変わり、GK(ゴールキーパー)なら無失点試合達成でスコアが加算されます。

最初から完全に理解するのは難しいので、実際のサッカーの結果によってスコアが決まるんだなという感じで始めましょう。

マーケットプレイスでカード売買する方法 

オークション形式と固定価格方式

まずは左上の「Market」をクリックします。

カードの売買方法は、オークション形式と固定価格の2種類があるので好きな方を選択してみください。

今回は固定価格マーケットでカードを売買する方法を説明します。

マーケットプレイス
オークション形式:Sorare運営が出品しているカード

固定価格:ユーザーが出品しているカード

ETHとクレジットカード

Sorareでカードを購入する方法はETH(イーサリアム)とクレジットカード決済の2種類です。

今回はメタマスクウォレットを使いETH(イーサリアム)でカードを購入してみます。

カード購入までの流れは以下の通りです。

右上のウォレットアイコンをクリック

Connect my walletをクリックして、メタマスクと接続

Sorareのウォレットに送金したい額のETHを入力してDepositをクリック

メタマスクで承認する(ガス代がかかるので確認してから承認してください)

SorareのWalle内に入金していれば完了です

これでSorare内のウォレットにETHが入金されカードを購入できるようになります。

初めて送金する場合は、少額で試してみるのがおすすめです。 

カード購入

マーケットではレアリティや所属チームなどでカードをソートでき、価格や登録時間などで並べ替えができます。

今回はLimitedの中からFC東京に所属する髙萩 洋次郎選手を購入します。

Limitedは発行枚数が1000枚なので同じカードが出品されています。

カードの左上に表示されているシリアルナンバーが異なるので、好きな数字で選んでみるのも楽しいかもしれません。

「Buy」をクリックすると確認画面が表示されるので、問題なければもう一度「Buy」を押して完了です。

「My Club」→「My Cards」を開くと、購入した髙萩 洋次郎選手があるのが分かります。

普段メタマスクを使っている方なら、カードの購入はそこまで難しくないと感じました。 

カードを出品する

カードをクリックして「List my card」をクリックし、販売価格を入力し「List」をクリックすれば出品完了です。

選手が活躍するとカードの価値が上がるので、購入価格との差額で利益を出すことも可能です。

まとめ 

日本語に対応しておらず英語のみなので、最初は難しく感じるかもしれませんがシンプルなゲームなので、遊んでいる自然と慣れてきます。

今後はMLB版のゲームもリリース予定なので、Sorareを遊びながら情報取集しておくと良いスタートが切れるかもしれませんね。

Sorareは無料でも遊べるので、まずは楽しんでみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。